備忘録

好きなことについて綴るだけ

シャレードマニアクス 感想

 

期待を裏切らないシナリオの濃い作品でした。プレイ済みの方々は揃いも揃って、ネタバレは見ないで!!言いたいけど全部がネタバレ!!と言うツイート等みていたので、グッとこらえてゲーム開始。徐々に真相が明らかになっていく感じ、プレイしていてワクワクしました。普通の会話も全部があやしくて気になって、一言一句逃したくないと思ってしまうような感じ。前作がニルアドだったから糖度の高低差が凄まじく大きかったが、シャレマニの世界観的には適度なときめきを得られたと思う。

 

http://www.otomate.jp/charade_maniacs/

 

 

 

以下ネタバレ有

 

 

 

 

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003105j:image

萬城トモセ(CV.鈴村健一

幼馴染ポジションで私に刺さらないはずがなかった。ヒロインは天然鈍感パターンかと思ってたが気持ち良く裏切られた。気持ちを悟った上で逃げてたという設定が本当に大好きでした。ヒロインが世界のすべてで何もかもを捧げる姿に最初は溺愛だな、と思ってたけどそんなに軽いものじゃなかった。

 

他ルートでも不憫さは随一であり、口煩い。好きで好きで堪らない幼馴染を異世界で他の男に取られるんだから、これはつらい。しかも、ヒロインにとっては近過ぎるが故に「他人」という意識があまりにもなさ過ぎて、全部トモセくんは後回し。ヒロインがトモセくんへの気持ちに気付いたときの晴れ晴れとした声には、キュンとせずにはいられなかった。

 

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003113j:image明瀬キョウヤ(CV.斉藤壮馬

ヒーローキャラでまさかこんなに自分に刺さるとは思わなかった。真っ直ぐで善人、単純に信じていられたので気持ちが楽だった。たまにある違和感をかき消すぐらいのヒーローっぷり。キョウヤくんが敵だったらつらい。時折弱音を吐いたり情緒不安定になるのも、根底に記憶があるからで、その設定良かった。

 

そして、トモセくんルートと比べたら伏線びっしり張ってるように感じた。今までの違和感や面倒見の良さ等々、終盤の怒涛の展開によって全部暴かれた。妹達のことが明らかになるときの演技、声だけで怒りや哀しみが混合した気持ちが流れ込んできたのが一番好きなシーン。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003241j:image

射落ミズキ(CV.緒方恵美

ミステリアスの塊だった。そして、とにかく大人。ヒロインの思ってることやろうとしてること、全部見越して行動してるから疑ってた。途中から、利用されてる。って思ったけど、私自身も諭されてて信じようとしか思えなかった。

 

こういう大人っぽいキャラが弱音を吐く時、トラウマを語る時って最高に響く。散々余裕のある大人だったのにズルイ。エンドが前2人とは違った曖昧なままで、戻ったところも少し見たかったな、と。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003251j:image獲端ケイト(CV.前野智昭

最初本当この人は論外だと思ってた。思ってたんだけど、やっぱりツンデレは無理。あと、眼鏡なしの顔面ズルイ。すっごい怒鳴るし不機嫌過ぎでしょ、と思ってたけど照れるとボロが出るところは最高だった。終盤まではツン要素が多くて、へこたれそうだったけどちょいちょい挟んでくるのに弱い。

 

ヒロインが熱出てからの甘々シーンが本当に好きで、少しずつ素直になるの本当にきゅんとした。口は悪いけど心底ヒロインが好きなのが伝わってきて、出来るだけ言葉にしようと努力してくれたり、ヒロインには優しくて甘くなったりとにかく良かった。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003309j:image双巳リョウイチ(CV.関智一

第一印象は大人な余裕で、なイメージだったけど、かなりの裏切り者だった。他ルートで人並みに怪しいところはあったけど、狂信者だとは予想外だった。プロデューサーって言われた時はえ?!って声が出るほどには。

 

残念なことにこのルートに関してはヒロインに同調出来なかった。射落さんの言い分が最もだとしか思えなくて…。ただ、彼にとってはヒロインがいないと何も変わらなかったんだなとは思う。結局翻弄されたなって感じのエンド。

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003340j:image茅ヶ裂マモル(CV.浪川大輔

ビジュアルや言動すべてをとってもただ穏やかな人だと思ってたのに、めちゃくちゃ闇抱えてた。共通ルートでも怪しんではいたけど、ただ怪しくて裏切り者って訳じゃなかった。異世界に囚われた人、ヒロイン同様どうにか救ってあげたい!ってなる。

 

自虐するような素振りが多くみられてとにかく脆い。右手に触れることを許してもらえる唯一がヒロインであり、愛を教えてくれた許してくれたと心から大事に大事に宝物のようにしてくれているのだと、SSで強く感じた。穏やかなだけじゃないいい話だった。

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003354j:image凝部ソウタ(CV.松岡禎丞

曲者は割と好きです。プレイしてみたら、多分寂しがりやなんだろうな〜って思う。放っておけないタイプ。SSの葛藤は凝部くんが普段表情に出ない分破壊力強過ぎた…あれで落ちた人絶対多い。

 

嘘か本当かずっと分からなくて、弄ばれてる気分だったけど凝部くんの中では全部本気なんだろうな…って最終的には。一番熱い人だと思う。メイちゃんのこと思い出して手を差し伸べるシーンが好きすぎる。思い出せてよかった、本当に良かった。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003416j:image陀宰メイ(CV.古川慎

ゲーム発売当時からビジュアルが好みだったから、めちゃくちゃ期待してた。期待以上。優しくて優しくて、めちゃくちゃ寄り添ってくれるからそりゃあ好きになる。記憶を消されてたのは予想外過ぎたし、この辺で一気に伏線回収されまくっててライターさんの腕に引くぐらい感動した。このエンドは、ヒロインにとってメイちゃんは運命の人だと言われているよう。推しがメイちゃんなので公式ありがとうという気持ち。

 

プロデューサーだと自白したときの衝撃。あれだけタクミくん匂わせておいて?と思いましたが、この時点ではまた色々事情があるようだった。メイちゃんのエンドは二種類あって、バットエンドのつらさはやばい。でも好き。殺し続けてきた気持ちが溢れるけど、もう為す術がない…絶望の中でもヒロインを思うのは個人的に刺さる。

 

そしてSSがめちゃくちゃ好き。心の中ではめちゃくちゃ告白してくれてるんだ…ってにやけた。つい抱き締めてしまってからの、言い訳タイムは古川さんに感謝しかありません。声を当てて頂いてありがとうございます。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180911003447j:image廃寺タクミ(CV.岡本信彦

小学生設定を完全に鵜呑みにしてたけど、CV.の時点で怪しむべきだった。ヒロインを取り込もうとしてるところ案外好きです。狂いだすのかな、と思っていたけどそこは割と冷静だった。そもそもプログラムっていう衝撃。

 

個人ルートではバットエンドしかないけど、この手のバットは大好物。タクミくんは何度も「永遠」を頂戴と口にするけど、本当に永遠なんだよね。ヒロインがいることが幸せでそれ以外を見出せない。ヒロインも朦朧としていく中でタクミくんしかいない……って言うめちゃくちゃ好みすぎるエンド。

 

真相でも、やっぱり取り込もうとするんだけど、ヒロイン強い。「信じる」以外の選択肢がしんどいけど、パルトに入っての生活その後が本当に気になる。FDみたいな〜〜。

 

 

 

 

バットエンドが個人ルートは二つしかなくて、少し悶々としてたけど、現代に帰るって意味ではメイちゃんが何としてでも返してくれてたんだよな。対して、メイちゃんは個人ルート以外幸せになれない…つらい。本当愛おしい。

 

毎回のことながら一目惚れキャラが結局推しになりました。FD是非お願いします。

 

 

 

ニルアドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想

 

前作からぶっ続けでプレイしました。これは発売当時から追いかけてる人は、一年越しと言うワードに泣いちゃいそうだし、より楽しめたんだろうなと少し羨ましくなりました。

 

前作よりグッとシナリオが良かったです。いい感じに伏線散りばめており、正直物語って恋人同士になった方が難しいと思うんですが、ライターさんの腕が光ってました。

http://www.otomate.jp/nil-admirari/kuroyuri/

 

 

 

 

以下ネタバレ有

 

 

 

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180819202339j:image

鵜飼昌吾(CV.木村良平

やっぱり推しは最初に、と我慢出来なかった。今回昌吾くんめちゃくちゃ頑張ってた。彼女を手に入れるために家のことも勉強のことも、ヒロイン同様こんなに頑張ってくれてるのに何もしなくていいのか…って感情移入してしまう。

 

ストーリー序盤は、どこまでも優しくて甘い。ずっときゅんきゅんしてた。部屋に戻る時や別れ際、必ず一言添えてくれるところが彼らしくてよかった。中盤以降ヒロインがずっと取り憑かれてて、しんどかった。が、それ以上に押し倒された時犯人のフラッシュバックにより拒否してしまう時に、何も文句を言わない姿がキツかった。

他√では、全然刺々しくなくて普通にお喋りしてるしでつい頰が緩みました。特に翡翠とあんなに仲良く…誰にでもツンデレですね。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180819202625j:image鷺澤累(CV.櫻井孝宏

相変わらずの余裕な笑み続きだったのに、最後の髪を洗ってあげると言うヒロインの言葉に子どものように笑うという流れが完璧だった。彼は欲しい言葉を全部くれるし、「愛する権利」と言うワードは累らしくてすごく好きです。

 

そしてこの物語の鍵となる蓮と四木沼夫婦。大正と言う時代は今以上に蓮の心情を理解してもらえないだろうし、つらかったけど、格好良かった。そして、四木沼喬が妻には弱くて優しげな声色になるのが良くて、ただの悪役じゃなかったね。累にキツく出れないのも愛故で、手記は涙腺死んだ。サブキャラがこのルートは一番良かった。

 

 

f:id:stnb5291024:20180819203151j:image汀紫鶴(CV.鈴村健一

いつ好きになったのか分からなかった、と前作の時思ったのを謝りたい。全部教えてくれた。あんなに赤裸々な展開も最高にニヤニヤしました。クロユリまでプレイしてのセット感、公式様さすがです。

 

紫鶴さんは物分りがよくて、上手に転がされてる気分。危険な仕事だと分かっていても応援してくれて、でも心配を上手いこと表して、心地よくストーリーが進んで行く感じ。そして、BADエンドは一番好みです。紫鶴さんは何度も、好きな人がいない世界は耐えられない…これを実行してた。

あと他ルートでの圧倒的過ぎる優しさ。紫鶴さんのおかげで、進展してる恋は少なくなかった。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180819203254j:image尾崎隼人(CV.梶裕貴

ストーリーはじめに一番距離感近い恋人だったのは隼人でしたね。ザ・主人公、つねに真っ直ぐで、甘やかし上手だった(正直ストーリーの印象薄かった)。

 

単独ルートより、クロユリでの諦めないよってずっと側にいてくれるところにキュンとした。他ルートではそんな素振りは見せなかったけど、クロユリは違う。ずっと待ってるって言いながら、断るのは心苦しいね。言葉がキツイのは相変わらずかな(笑)

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180819203223j:image星川翡翠(CV.逢坂良太

相変わらずシナリオが一番好きでした。子どもっぽいことにやっぱり負い目を感じてるのが、ヒロイン同様翡翠はそのままでいいのにって何度も思った。

 

前作からだが、甘いシーンの有無を確かめるところがめちゃくちゃ好き。これは好き嫌い別れると思うけど、不安と欲望の葛藤をこの年下の危うさと美しさと兼ね備えた翡翠にはぴったりハマってる。優柔不断でヒロインにすがる場面も、たしかに共感出来て物語中にもグッと成長する。家族幸せエピはやっぱり心温まる。

 

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180819202638j:image鴻上滉(CV.岡本信彦

滉からの言葉が一番、胸にくる言葉というか…真っ直ぐで不器用でずるい。歯痒い恋愛ってこんな風だなって、中盤辛かったし、放っておくべきな場面も滉だから放っておけない。いつも危うい空気なのは前作から変わらない。

 

でも「好きだ」って口にしてくれるようになって、愛おしさが溢れた。滉がくれるおやすみのキスは格別です。それに、「ん」って1つで不機嫌だったり愛おしさだったり全部伝わってくるのがすごい。岡本さん本当すごい。普段淡々としてるからこその声の変化が、ヒロインを大事に大切にしようとしてるのが声からも伝わってくるんだよ。グッとくる。

 

 

--

 

 

今作も燕野くん、猿子さんが刺さりましね。猿子さんのお面無しスチルめちゃくちゃ楽しみにしてたんですが、残念。燕野くんは攻略出来ないからこそ、ここまで味が出るんだろうな…と思いつつやっぱり恋したい。ライターさんさすがです。

 

今後もなにかしら展開があることを期待せずにはいられない大事な作品となりました。乙女ゲームをプレイした本数はかなり少ないですが、大好きなものとなったのでSwitchの追加ストーリー全力待機です。

 

 

 

 

※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。

ニルアドミラリの天秤 帝都幻惑奇譚 感想

 

 

前々から気になっていたこの作品、アニメ化するこの機会に購入しました。

 

レビューが微妙だったため一抹の不安を残していましたが、プレイしてみて総合的にキャラが良かった。終わった後キャラのことだいすき!ってなるし、甘シチュはときめくし、キャストさんたちの演技が光ってます。ニルアドのキャラは総じてヒロインを独占したいらしい。しかもそれを言葉にしてくれる…これは好き過ぎる展開だったので、それだけで7割満足。

 

シナリオは乙女ゲームやり込んでる方には、物足りないのかな?でも手記がとってもよかった。サブキャラが光ってるのってかなり大事だな、と初心者ながらに思いました。私は燕野くんと猿子さんを攻略したかった…。

個人的に恋愛過程が疎かになるのはしょうがないと思ってて気にしないから、本を題材にした点だけでも大満足。かわいいヒロインと日々を過ごしていれば、そりゃ好きになる。これ絶対的!

 

私は基本的に攻略方法見ながらプレイするのでエンド選択は困らなかったんですが、システムを理解するまでに手こずってしまいましたね。

 

 

 

以下ネタバレ配慮していないので、未プレイの方はプレイ後に是非。

 

プレイ順にレビューしていきます。

 

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180721231014j:image 鵜飼昌吾(CV.木村良平

第一印象はめちゃくちゃビジュアル好み 。プロモーションPVから大好物のツンデレだと言うことで一番手。そして、終わっても尚最推し。

心を許してくれるまですごく怒られるし文句言うし(可愛いから許すけど)、デレるの遅いかなと思ってたらツンデレと言う名のデレデレって言うドストライクキャラ。プライドは高いが一人称は僕。そこにもお坊ちゃんらしさがあって、素直じゃなくて…でもそこがいい。

泣きながら反省して、ヒロインに想いを伝えるシーンはこのゲームで一番きゅんときた。木村さんの演技が本当に良い。お前が悪いと畳み掛けられて、胸が苦しいぐらいにときめいた。本当に良かった。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180721231534j:image 汀紫鶴(CV.鈴村健一

第一印象はどう考えても好みじゃなかったです。大人の余裕って私の好みには無縁だったので…(笑)

でも割と隙があったり、余裕がなかったりして好感度上がりました。そして、シナリオの言葉選びはピカイチだと思う。小説家である紫鶴さんだからこその表現だったり、フクロウの部外者だからこその新鮮なストーリーは良かったです。(ただ唯一どこで好きになったのかさっぱりだった。)ヒロインに側にいて欲しいと弱々しく微笑する場面はグッとくるものがありました。あと金魚売りのお話もう少し見たかったな、と。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180721235454j:image 星川翡翠(CV.逢坂良太

第一印象は儚げで可愛い枠。だが思った以上に闇が深くて嫉妬深くて、しかも美しくてスチルが一番好きなのは翡翠

上記2名の√でも、ヒロインのこと好きだろうな〜〜って雰囲気醸し出してるのはポイント高かったです。場面ごとで考えると気に入ったシーンが一番多いです。彼の矛盾してるけどどちらも本気だと言う葛藤、オッドアイの話だいすきです。醜いと卑下するけど、ヒロインが綺麗だと褒めると少し和らぐ…と言ったような純粋なシーンは年下枠ならでは感。逢坂さんの高めの声ぴったりでした。そして、独占欲が露わなのは個人的に好都合でした。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180722000623j:image 鴻上滉(CV.岡本信彦

第一印象は無愛想。岡本さんの低い声が楽しみだと言う理由から最後に…。

滉とは一番恋愛した。本当に徐々に距離が近付いて行っているのが楽しかった。選択肢を1つ間違えたら全部終わったしまいそうな冷や冷や感も味わえました(笑)二度目に映画館に誘ってくれた時は、心底嬉しかったです。そして、誘拐されそうになった時背後から抱き締めてくれたシーンはうるっときました。大丈夫の声が本当に本当に優しくて、安堵しましたしときめきました。苦労人で一番重くて、一番惨いバットエンドでしたね。心から幸せになって欲しい。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180722001425j:image 鷺澤累(CV.櫻井孝宏

第一印象は顔好きだな〜って感じです。優しく微笑みかけられたら落ちる。

累は何だかんだ一番大人っぽいような。偶然を装った策士で、着実に距離を詰めてくる。ただ、私にはグイグイくる感じはあんまり響かなかった(笑)ヒロインが一番強いのはこの√ですね。累がカグツチだとバラしてからの優しさが抜ける瞬間(?)、低い声に変化するところはなんか好きでした。バットエンドは(二次元では)一種のハッピーエンドですね。私は気に入ってます。

 

 

 

f:id:stnb5291024:20180722002128j:image 尾崎隼人(CV.梶裕貴

第一印象はザ・ヒーロー。嘘を付かない真っ直ぐな仲間想いな(しかもCV.梶さんという)主人公でしたね。

始まって初っ端から一目惚れ告白には、頰の緩みが抑えきれませんでした。手は出さないし、真っ直ぐだし好感度爆上がりしました。隠さんに嫉妬して拗ねてるところは、もう純粋に可愛かった。しかも、ラストは運命の人だとゲーム製作者に言われてる!(?) (苗字言われた時すっかり頭から抜けてて誰?って思ったことは秘密です)ごく個人的に、猿子さんがいっぱい出てきて嬉しかった√でした(笑)

 

 

 

 

総合的にキャラが好きです。良いサブキャラも多くて、攻略対象増えたら良いのに…と手記を見ながら思います。レビューで戸惑っていたのが杞憂でした。キャストさんの演技を聞くだけでも十分なシチュエーションだったように思います。


http://www.otomate.jp/nil-admirari/

 

2018.7.22  フルコン